時代による墓石の変化

死者を埋葬する習慣は、縄文時代からあったようですが、木棺や石棺などに遺体を納めて埋葬をするのは、弥生時代に入ってからだと言われています。

その後の古墳時代には、支配者の権力を示す古墳が多く作られました。

その一方、庶民は共同の埋葬地に土葬され、その上に石が置かれたり盛り土がされたりしていたようです。

平安時代には、仏教と共に石工の技術も伝来し、その頃から、特権階級の人々の間では、墓石の役割をもつ五輪塔、宝塔、層塔などの塔が建てられるようになりました。

鎌倉から室町時代にかけては、中国から禅宗とともに位牌と戒名が伝わり、五輪塔だけではなく、より現在の墓石に近い形である角柱型の墓石も見られるようになりました。

庶民が墓石を建立するようになったのは、檀家制度が敷かれた江戸時代に入ってからです。

先祖に対する供養や葬儀、そして仏壇を置くことも定着していき、同時に仏教への信仰も確立していきました。

この頃の墓石は、個人、または夫婦の為のものでしたが、明治時代中期から、家単位で建立されるようになりました。

これまでは、個人の戒名が墓石正面に彫られていましたが、家族としてのお墓であるという意味を表す「~家の墓」へと変化しました。

また、明治、大正時代は、人口が都市へ集中し始めたたことから、青山霊園や多磨霊園などと、公立や私立の霊園で多く建てられるようになり、霊園では洋型の墓石が登場しました。

現在では、洋型に加えて、故人の趣味等が反映さえてよりオリジナリティがありオリジナル墓石も増えてきています。

Comments are closed.

TOP