Home > 方角との関係 > 墓石を建てる方角

墓石を建てる方角

お墓を持っている家族の運勢を「お墓の形」「お墓の向き」、そして「墓石の種類」などで見ることを、墓相と呼んでいるそうです。(参考ページ:http://www.japan-stone.org/faq/

これは、昭和の初期ごろから始まったようなのですが、統計的な根拠や仏教的な意味もないことから、迷信や占いの域にとどまっています。

しかし、迷信や占いと言われているにもかかわらず、墓石の向いている方角を気にする人が、意外と多くいるのが現状なのです。

お墓を建てる際、方角に対する決まりごとはないのですが、南や東向きは吉相だからいいけれども、北向きは、黄泉の世界につながる方角だから避けたほうがいいと思っているケースが多くみうけられます。

この北向きを気にする傾向は、古来から天皇の上座は北という慣わしがあり、礼拝する人を北向きにするのに抵抗があるという気持ちからであろうと思われています。

しかし、お墓のあるお寺、つまり仏教では、東西南北、どの方向でも尊敬され、四方浄土という言葉が存在するように、この四方向、全てに仏様がいると説かれているのです。

また、方位に関してどれが良い方位、どれが悪い方位ということも、特に言われていないので、こだわる必要はないのです。

実際、既に整地されて区画と向きが決まっている墓地や霊園では、北向きを避けられない場合も少なくありません。

それでも、どうしても方角が気になるのであれば、四方正面と言われている五輪塔や、方位の災いを取り除く灯篭を立てるといいでしょう。

また、球体の墓石も四方正面で方位の吉凶がないと言われています。

Comments are closed.

TOP